2022/09/30

シュトゥットガルト:ソーサが風邪、新加入のザガドゥには好印象

©️IMAGO/Pressefoto Baumann

 VfBシュトゥットガルトでも代表戦に参加していた選手たちが続々と帰還しているところではあるのだが、そのうちクロアチア代表に参加していたボルナ・ソーサが、「体温の上昇がみられる、風邪のような症状で戻ってきた。今のところは練習できるような状態ではない」と、マタラッツォ監督が明かした。仮にコロナ検査で陰性が確認されたとしても、土曜日に控えるVfLヴォルフスブルク戦までに間に合う可能性は低いだろう。たとえ指揮官が「今日か明日の練習に参加して見極めていく」考えを強調しているとしても。

 その一方で同じく代表戦から帰還してきた遠藤航、伊藤洋輝、セール・ギラシらは、ひとまず木曜日は休養にあてて、翌日の最終調整より参加の予定となっているところ。また先日に獲得したダン=アクセル・ザガドゥも、ここまでは好印象を残しているところであり、「彼が何をチームにもたらすことができるか。それは練習ですでに目にできているものだ」とマタラッツォ監督。それはプレー面における資質のみならず」「リーダーシップやパーソナリティでもある」と言葉を続けた。

 特にその後者の方を米国人監督は気に入っているようで、練習でも常に勝利を目指しそれに応じて仲間を鼓舞。それだけでなく「彼が勝った場合には時に、ロッカールームにいって冗談を言ったりからかったりする。それを私は好んでいるんだ。負けた時にはたとえ練習であっても悔しさを覚えるべきなんだ」との見方を述べている。ただ早速先発のオプションとなるかについては明言を避けており、とりわけ負傷により長期離脱した背景もあることから「彼と話しているが、彼はメンバー入りするだけでも大きなステップであるとみている」と明かした。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース