2022/10/10

シュトゥットガルト、マタラッツォ監督の解任を検討か

©️imago images

 ここまでブンデスリーガ9試合で、5分4敗戦。これはスウェン・ミスリンタトSD自身が「憂慮すべき」と語った、ここまでのVfBシュトゥットガルトの成績である。ただ日曜日に行われた首位1.FCウニオン・ベルリン戦での敗戦後、DAZNとのインタビューにて同氏は、勝ち点と実際のパフォーマンスとの間にて、明らかな「不一致」が見られることを指摘。「今日、我々がピッチ上で見せていた情熱」への賛辞と、「先制点を決めることができたはず」の場面について述べた。

 だがこれらのミスリンタトSDによる返答は、肝心のメディアからの質問に答えるものではないが、ただ「勝ち点5は少なすぎる」という言葉はこの就任100試合目がぺジェグリーノ・マタラッツォ監督にとって、最後の試合となることを意味するものかもしれない。キッカーが得た情報によれば本来、シュトゥットガルトは指揮官に対して、今回のウニオン戦、そして次節のボーフムとの下位直接対決の2試合を好転のためのチャンスとして与えてきた。しかしながらおそらくはこれから監督の去就問題について月曜日も話し合われることになる。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース