2022/10/10

出場危惧も先発した伊藤洋輝、後半途中で負傷交代

©️IMAGO

 昨日に行われた1.FCウニオン・ベルリン戦では、伊藤洋輝が後半70分過ぎに、相手DFリエルソンとの対人戦へと臨んだ際に負傷、しばらくの間ピッチ上で治療を受けた後に、そのままパスカル・シュテンツェルとの交代を余儀なくされていた。

 前節では遠藤航が腓骨に打撲を負った一方で、伊藤洋輝もまた筋肉系の問題により先週は練習を調整しながら、日曜日の試合に間に合わせたという経緯がある。今のところはまだ負傷の度合いなど、詳しいことは明らかになっていない。

 なお試合は伊藤洋輝が交代したその6分後に、ウニオン・ベルリンがパウル・イェッケルの貴重な先制ゴールでリードを奪うと、それがそのまま決勝点となり首位を堅持。いっぽうのシュトゥットガルトはこれで開幕9試合からいまだ未勝利となり、マタラッツォ監督の進退問題がヒートアップしている。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース