2022/11/09

頭部強打で「一時意識失った」遠藤航、ワールドカップへの影響は?

©️IMAGO

 火曜夜に行われたブンデスリーガ第14節ヘルタ・ベルリン戦では、前節では体調不良のために欠場していた伊藤洋輝が先発でカムバックを果たしたものの、試合終盤に差し掛かった頃に今度は、遠藤航が相手選手イヴァン・スニイッチとの対人戦にて頭部を激しく強打。しばらく治療を受けた後に、担架でそのまま交代を余儀なくされてしまった。

 エクスプレス紙によれば試合後、ミスリンタトSDはスカイに対し「遠藤の状態についてはまだ正確にはわかっていない」と明かしつつ、「側頭部ということで骨折などがないよう期待しているところだ。ただこめかみにどういった影響があったかなどはわからない。これからレントゲン検査を受けなくはいけない。一時は完全に意識を失っていたのだ。」と述べている。

 そして今月開催のワールドカップでの出場についても希望しているところであり、「もちろん我々はいち早く選手が回復するよう願っており、何よりワールドカップへの参加が危険に晒されないように望んでいる」とコメント。初戦のドイツ代表戦をはじめとして、コスタリカ、スペインとのグループリーグを迎える「ワールドカップ参加は、ワタルにとって非常に大切なものなんだ」と言葉を続けた。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース