2022/11/12

遠藤航やマヴロパノスらの穴埋めにおわれる、シュトゥットガルト

©️IMAGO/Sportfoto Rudel

 激動のシーズンとなったものの少しでもいい形で歳を越したい、VfBシュトゥットガルト。その相手は同じくシーズンでつまづきをみせたものの、こちらは立て直しをはかりつつある強豪、バイヤー・レヴァークーゼンとの対戦となったのだが、さらにシュトゥットガルトでは前節で頭部を強打した遠藤航、そして累積警告となったコンスタンティノス・マヴロパノス不在で臨まなくてはならない。さらにボルナ・ソーサについても筋肉系の問題で出場が危ぶまれているところ。

 それでもミヒャエル・ヴィマー暫定監督は弱音を吐くようなことは決してなく、おそらく遠藤航の代役にはアタカン・カラソルが浮上。またソーサ欠場となった場合には3バックも「オプション」ながら「4バックは非常に快適にいっている」と述べており、復帰を果たすヨシャ・ヴァグノマンがマヴロパノスの代わりとして入り、そして伊藤洋輝を左サイドバックにスライドして、ダン=アクセル・ザガドゥが先発復帰する布陣が考えられるだろう。 

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース