2023/01/01

独誌kicker移籍ライブ情報:1月1日まとめ

 ドイツNo1サッカー専門誌『キッカー』より、ブンデスリーガを中心とした欧州サッカーの主要移籍情報Live Tickerを翻訳・掲載。さらに日本人選手が所属するブンデス2部のクラブの情報もご紹介しています。


チェルシー、バディアシル獲得へ

 チェルシーFCが新たにセンターバックを迎え入れることになるようだ。英国メディアによればブノワ・バディアシルを、ASモナコから獲得することで合意したという。左利きの21歳のフランスU21代表には移籍金3700万ユーロを投じる模様。


ドゥーブラフカがニューカッスルに早期復帰

 本来ならば今季いっぱいまでのレンタルにて、マンチェスター・ユナイテッドに加入していたマルティン・ドゥーブラフカが、予定よりも早くニューカッスル・ユナイテッドへと復帰することになった。今季はわずか2試合のみの出場にとどまっていた33歳のGKについて、マグピーズ側が早期復帰のオプションを行使したとのこと。今後は先発GKニック・ポープとの定位置争いを展開していくとみられる。


シュトゥットガルトがサイラスと延長成功

 年明けよりVfBシュトゥットガルトに朗報が届いた。日曜日にサイラスとの契約を更新したことを発表。本来ならば2024年までとなっていた契約を、さらに2年間前倒しで延長している。2019年に加入した24歳のアタッカーは、これまで公式戦83試合に出場してきた。


ルイス・スアレスがブラジルで新章

 ブラジルの伝統あるクラブ、グレミオ・ポルト・アレグレルイス・スアレスと、2024年末までの2年契約締結で合意に達したことを明らかにした。母国ウルグアイのナシオナル・デ・モンテビデオで4ヶ月プレーしていた、35歳のストライカーは「ここでの素晴らしい挑戦への準備はできている」とSNSにて喜びのコメント。「とにかく加入が楽しみだ」と言葉を続けた。


ケヴェン・シュロッターベック、ボーフム移籍間近

 SCフライブルクでは苦境に喘ぐケヴェン・シュロッターベック。今季はわずか2試合の出場にとどまる左利きのセンターバックについて、ドイツの大衆紙ビルトはすでにVfLボーフムへの移籍間近にまで迫っていることを報じた。

ブンデス中心の欧州移籍情報の最新ニュース