2023/01/13

え?シュトゥットガルトの改修工事で3000万ユーロも追加に?

©️IMAGO/Eibner

 年末にVfBシュトゥットガルトの首脳陣から伝えられた、メルセデスベンツ・アレナの改修工事費用が物議を醸している。そもそも2022年2月にもコロナ禍による影響を受けて、その費用は調整されて9850万ユーロとされていたのだが、年末になると今度は1億3000万ユーロという金額で記載されていたのだ。なぜ3000万ユーロもの値上げに?シュトゥットガルト市の担当者は「そんなことはない」と強調する。確かに春の値上げは「建築資材の価格高騰など」が影響した結果だが、ここのところのインフレがこの建設費用に影響を及ぼすことはなく金額は据え置きであることを強調。kickerが得た情報によれば3000万ユーロという高額な内装工事、つまりはデジタル規格のみならずホスピタリティやそれに関連するキッチンなども含まれるもので、こちらの内装工事はVfBシュトゥットガルトAGが負担するものだ。

サイラスとマヴロパノスは大事に至らず、ソーサは来週

 練習中にティアゴ・トマスが放ったシュートがコンスタンティノス・マヴロパノスを直撃。それからしばらく患部に手を当てたギリシャ人DFには、過去に内転筋の負傷があるだけにヒヤリとしたが、その後は再び何事もなかったかのようにトレーニングを続けていた。とりわけ先日のザガドゥの負傷離脱でマヴロパノスに対する期待値は高まりをみせており、さらなる離脱となれば大きな痛手となるはずだった。それだけに移籍市場で絶えず名前が浮上することは首脳陣とっても由々しき事態ではあるだろう。アトレティコなどが名前があがっており、クラブ側は財政状況から金額次第では受け入れざるをえないかもしれない。しかし選手自身は「他クラブからの関心については何も知らないし、僕の頭はシュトゥットガルトのことだけだ」と強調している。ちなみにエイドニスとの対人戦で負傷していたサイラスは既に練習に復帰、またボルナ・ソーサは来週より復帰する予定だ。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース