2023/09/02

マンU:モロッコ代表主将 アムラバトをレンタル、グリーンウッドはヘタフェ移籍

©︎IMAGO

 マンチェスター・ユナイテッドは中盤に安定感をはかるべく、イタリア・セリエAのACフィオレンティーナより、ソフィアン・アムラバトをレンタルにて獲得した。今冬にカタールで開催されたワールドカップにて、モロッコ代表の主将としてワールドカップでの飛躍を牽引した27歳は、今回の移籍にあたり「忍耐力を問われたが、晴れて夢見ていたクラブの一員となれた」と喜びを述べている。なお契約に関する詳細は明らかにはなっていないが、英紙アスレティックなどが報じたところでは買い取りオプションも付随しているようだ。

 オランダ出身のアムラバトはユトレヒト、フェイエノールトを経て、2018年にクラブ・ブルッヘ(ベルギー)、そして2019年にエラス・ベローナ(イタリア)に移籍。そして2020年から3シーズンに渡ってフィオレンティーナの中盤を支え、昨季はセリエA29試合、ヨーロッパカンファレンスリーグ13試合に出場。前述のワールドカップでは7試合に出場して、キッカー採点平均2.71という活躍を見せていた。

マンU、グリーンウッドをヘタフェにレンタル

 メイソン・グリーンウッドを取り巻く状況を評価するのに長い時間を費やしたマンチェスター・ユナイテッドは、元パートナーに対する強姦未遂と暴行の容疑が取り下げられたことによる内部調査、そしてレッドデビルズにはもはや生え抜き選手の居場所はないことを踏まえて、当面はスペインに居場所を移し、FCヘタフェはこの若者を1シーズンレンタルする判断を下している。

Premierleague Premierleagueの最新ニュース