2022/7/26

トーマス・ライス監督の契約延長をめざすボーフム


 1年前にはVfLボーフムをブンデスリーガ昇格へと導き、さらに昨シーズンでは昇格組みながら見事、特に降格の不安に駆られることなく残留へと導く手腕を発揮した、トーマス・ライス監督。現在の契約期間は2023年迄となっており、クラブ側としてはそれ以降も長期的に関係性を継続していきたいことは明らかだ。
 なお協議は継続中でありまだ詳細が全てクリアになったわけではないが、ハンス=ペーター・ヴィリス取締役は地元紙、ルール・ナハリヒテンに対して「うまくいくと前向きにみているがまだ発表まではできない」とし開幕前までの成立を目指してはいるものの、「時間がかかっても今季は契約は有効だから、特に問題はないよ」とも強調している。
 その一方で今夏までの3シーズンにわたりボーフムでプレーし、そこで64試合に出場し15得点をマーク。そのまま退団となっていたダニー・ブルームだが、その新たな移籍先が明らかとなった。ヨーロッパカンファレンスリーグに出場するAPOELニコシアとの契約が発表。ただし31歳のベテランアタッカーとの契約期間は明かされていない。
 

VfLボーフム の最新ニュース