2022/09/07

マグデブルク、ピッチーニとボックホルン獲得

 ブンデス2部昇格組、1.FCマグデブルクは火曜の朝、新たに2選手の獲得を発表した。ポリバレントなディフェンシブマン、クリスチアーノ・ピッチーニは、昨季はレドスター・ベオグラードにてプレーしていた29歳のイタリア人選手であり、A代表3試合に出場するなど豊富な経験を持つ選手。

 バレンシアやレアル・ベティスでラ・リーガ73試合、ィレンツェ、リヴォルノ、ベルガモではセリエA22試合、さらにスポルティングでもリーグ戦40試合、CLやELでもプレーしてきた。「クリスチアーノは経験値という点でも質という点でも高いものをもった選手であり、ポリバレントにプレーすることができて、他の守備的ポジションでも起用することが可能だよ。迎え入れて嬉しいね」と、ショルクSDは評価。

 また右サイドバックを主戦場とするヘルべルト・ボックホルンは、2020年から2022年までVfLボーフムにてプレーしており、そこでブンデス2部通算24試合、ブンデス1部18試合に出場。ハダースフィールドに短期間在籍(出場なし)した他、ドルトムントII、ブレーメンIIにも所属していた27歳だ。「ヘルベルトはボーフムの昇格シーズンで24試合に出場するなど2部の経験をもつ選手。彼のもつクオリティが良い形でチームにもたらされると期待している」とショルク氏は語った。

1.FCマグデブルク 1.FCマグデブルクの最新ニュース