2022/09/21

ボーフム、フィテッセのトーマス・レッチュ監督と合意か

©️IMAGO/ANP

 週末には解任されたトーマス・ライス監督の代わりに、暫定監督として臨んだハイコ・ブッチャー氏の下で、1.FCケルンを相手に今季初となる勝ち点確保に成功した、VfLボーフム。さらに次期監督についても既に白羽の矢が立っているようだ。これはドイツの大衆紙ビルトが報じたものであり、オランダ1部フィテッセで指揮をとるトーマス・レッチュ氏と、すでに合意に達しているとのこと。

 エスリンゲン出身の54歳は2012年から2017年までの5年間、RBザルツブルクやそのファームチームであるFCリーファリングで様々な役職を経験し、2017年にブンデス2部エアツゲビルゲ・アウエの監督へと就任。しかし3戦3敗で解任となった後、オーストリア・ウィーンを経て、2020年からフィテッセへと就任。2021年には国内カップ決勝進出を果たしたものの、今季はここまでリーグ戦7試合で14位と低迷しているところだ。

VfLボーフム VfLボーフムの最新ニュース