2022/01/05

ヴォルフスブルク、ヤクブ・カミンスキ獲得間近に


 VfLヴォルフスブルクでは現在、ヤクブ・カミンスキの獲得間近にまで迫っている。これはkickerが得た情報によって確認したものであり、昨夏にも同選手に対して強い関心を示していたが、今はその成立直前にまで来ているようだ。ただまだ締結はなされていないものの、加入は来夏の見通し。
 カミンスキは今季、ポーランド1部首位に立つレフ・ポズナンにて、19試合に出場し6得点4アシストをマーク。左のウィングでのプレーを好む傾向にある19歳は、昨年9月にはポーランド代表デビューを果たした。一方でヴォルフスブルクの攻撃陣ではこれから、大きな変革の時を迎えることが予想される。
 ダニエル・ギンチェクとアドミール・メーメディは契約最終年度にあり、ドディ・ルケバキオは今季までのレンタルで加入中(買取オプションはなし)。さらにワウト・ウェクホルストについても代理人を変更するなど、すでに移籍を視野に入れているとみられるところだ。

 その一方でヴォルフスブルクは水曜日に、ダニエル・ギンチェクとアステル・ヴランクスが、これからしばらくの間、離脱を余儀なくされることを明らかにした。背中の問題でいずれにしても離脱中だったヴランクスはコロナ陽性反応が確認。一方で30歳のベテランFWについては、家庭環境でコロナ感染が確認されたために濃厚接触者扱いとして、それぞれに隔離へと入るという。
  

VfLヴォルフスブルク VfLヴォルフスブルクの最新ニュース