2022/7/03

移籍取り沙汰される同胞ブレカロ、ポングラチッチに、コヴァチ新監督「扉は開けている」


 VfLヴォルフスブルクではコーエン・カスティールスを除く、全ての代表選手が金曜日にパフォーマンステストを実施。練習を開始する予定となっていたのだが、ただそれから臨むことになるオスナブリュックでのミニトーナメントにおいて、マリン・ポングラチッチが不在となることが明らかとなった。昨季はドルトムントにレンタル移籍し、またボーナスの支払いをめぐって法的争いをヴォルフスブルクと行うなど、ピッチ外で話題となっているクロアチア代表DFだが、同胞のコヴァチ新監督は「病気によるもので、もう少し時間が必要だ」と説明。「これからどんな感じになるのか見極めていくことになる」と付け加えている。
 さらにヴォルフスブルクではもう一人の同胞、トリノのレンタルから復帰したヨシプ・ブレカロについても移籍の可能性が取り沙汰されているところだが、元クロアチア代表監督は「契約下にある選手に全てに門戸が開かれている」ことを強調している。「過去は知っているし難しいものだろう。ただそこから抜け出せるように努める。それでも移籍を希望するのであれば前向きに対応するさ。そうじゃなければ良い解決策を見出していきたいね。代表選手は皆がW杯に出場したいし、そのために努力をしなくてはならない。そうじゃないと出場できるチャンスはどんどん少なくなっていってしまうよ」
 

VfLヴォルフスブルク の最新ニュース