2022/7/28

ヨシプ・ブレカロが残留に傾倒も、ヴォルフスブルク側の胸中は?


 この冬に開催されるワールドカップ参加を視野に入れ、クロアチア代表のヨシプ・ブレカロはより多くの出場機会を求めており、昨季はそれをイタリアのトリノFCに求めたものの、同国出身ニコ・コヴァチ監督が就任した新シーズンでは、むしろヴォルフスブルクでの将来性をこれまでより高く見ているようだ。
 同選手の代理人を務めるアンディ・バラ氏によれば、ブレカロは強くは移籍を求めていないことを認めており、またヴォルフスブルクとの契約が契約最終年度に入っていることからも、このまま過ごしても金銭的に有利な状態で新天地を模索していることも頭に入っているのだろう。ただヴォルフスブルクとしては移籍金1000万ユーロは見込める24歳を無料で失うのは痛いところではあるが・・・。
 

VfLヴォルフスブルク の最新ニュース