2022/8/05

コヴァチ監督、ポングラチッチにクラブへの謝罪を促す

©︎IMAGO:Pixsell

ニコ・コヴァチ監督は今週中にも、マリン・ポングラチッチの問題について結論を導き出したいと考えいた。だが現時点においてもなお、同選手はいまだチームとの練習に参加することができておらず、指揮官は「マリンとは2回ほど話をしたんだ。議論を重ねていき、その上で自分にとって正しい決断を下してほしいと思っている」とコメント。

これまでクラブ側とはボーナスをめぐり法的訴えに出ているほか、クラブ首脳陣らに対する批判的な発言も行なっており、コヴァチ監督はこの状況を打開するためにも謝罪すべきだと説く。

同じクロアチア出身でもあるコヴァチ監督は、その橋渡しのために尽力しており、「我々は彼を救いたいが、まず彼自身が助かりたいと思わなくてはいけない」と強調。確かに復帰の扉は閉ざされてはいないが、それでも雰囲気を踏まえクラブとしては移籍への道を模索していくことになるだろう。

VfLヴォルフスブルク の最新ニュース