2022/08/28

ヴォルフスブルクで構想外のヴランクスに、ACミランが関心

 昨シーズンの時点でアスター・ヴランクスは、VfLヴォルフスブルクにおいて先発、そしてベンチを行き来する日々を過ごしていたが、今夏より就任したニコ・コヴァチ監督の下では傍観者の立場へと陥っており、今季19歳のベルギー人選手がピッチに立ったのは7分のみ。直近ではその姿はスタンドにて見受けられていた。

 そのためすでに売却への有力候補と目されているところであり、『カルチョメルカート』によると、現在イタリア王者のACミランが興味を示して、その移籍金額は500〜600万ユーロとも言われているところだ。特にルーカス・パケタの転売条項がこのことに影響を及ぼす可能性がある。

 またヴォルフスブルクではレナト・シュテッフェンが、4年過ごしたヴォルフスブルクに別れを告げようとしている。すでに契約は最終年度に入っており、FCルガーノへの移籍が取り沙汰されているところ。地元紙に対してシュマッケ取締役は「うまくいくと思う」との見方を示した。こちらの移籍金額は70万ユーロほどがみこまれている。

VfLヴォルフスブルク VfLヴォルフスブルクの最新ニュース