2022/09/11

ヴォルフスブルク:元ドイツ代表クルーゼに、三行半を突きつける

©️IMAGO/Christian Schroedter

 VfLヴォルフスブルクのニコ・コヴァチ新監督が、古巣アイントラハト・フランクフルトを相手に敵地で、今シーズン初勝利を収めたその場に開幕前は「トーマス・ミュラー」との比較さえ指揮官が口にしていた、マックス・クルーゼの姿は見受けられなかった。おそらくは今後もヴォルフスブルクで目にすることはないだろう。

 ライプツィヒ戦やケルン戦ではフル出場していた元ドイツ代表FWだが、今回はメンバーから外されており、「我々はヴォルフスブルクに100%集中するため、全ての選手に対して100%の意識と集中を求めている。ただマックスにはそれが感じられなかった」と、コヴァチ監督はスカイとのインタビューにてコメント。

 そしてもはやクルーゼのヴォルフスブルク時代に幕が下ろされたのか?との質問には、「そうだ」と素っ気なく返答しており、再起用の可能性についても「ない」と明言している。「監督である以上、チームを助けなくてはならない。その責務を担っているのだ。マックスからはチームの助けとなれるような衝動が見られていない。功を奏することはなく、そのためシェファー氏とシュマッケ氏と共にこの決断を下している。

VfLヴォルフスブルク VfLヴォルフスブルクの最新ニュース